2019年5月11日 (土)

町内曳山の見返し募集について

菻町内会各位

  菻町曳山実行委員会 委員長 浅利一茂

 曳山につきましては、前方に木枠に布を被せて岩をかたどり、歴史上の事象に外題(題材)をとった人形を配し、後方には囃子櫓を組んで世相を風靡した人形を乗せ、その説明の見返しの文句を競っております。この曳山の見返しを次のとおり町内関係者の皆様から募集したいと思います。
 審査結果等については後日、外題とともにご案内いたします。
 なお、採用から漏れた上位の作品については、灯籠の見出しに採用させていただく場合もありますので予めご了承ください。

参加資格:菻町在住の方または関係者
締め切り:5月31日(金)
応募方法:応募用紙に必要事項を記入の上、用紙部分を切り取り3班根布谷または6班伊藤まで届けてください。(郵便受け可)1人で3題以上応募される場合は、お手数でも別途用紙を添付してください。電子メール(gatugi_cocolog@yahoo.co.jp)でも受け付けます、応募用紙と同じ記載事項を明記してお送りください。

平成28年の見返し作品例(順不同)
採用作品
 届かぬ矢 エンジンつけて 今度こそ射る総理
上位作品
 ○ 曳山で希望と元気を熊本へ
 ○ まつりごと いつもあんべ(安倍)いい言い訳ばかり
 ○ 4年後も 粋な港囃子で おもてなし

H28_mikaeshi

応募様式ダウンロード 2019_mikaehioubo.pdf

 

応募メールアドレスのQRコード
 

 

 

曳山の出庫等について

町内会各位


  菻町曳山実行委員会 委員長 浅利一茂

 今年度の曳山奉納に関し町内各位様のこれまでのご理解、ご協力に深く感謝申し上げます。
 土崎のお祭りまで早いもので2ヶ月余となりました。つきましては、以下の日程において曳山の出庫(組み立て)作業を行いますので皆様のご協力、ご指導の程よろしくお願いいたします。

1 曳山の出庫及び組み立て・移動作業
 ①日時
   令和元年6月2日(日) 午前10時から
      ※小雨程度では中止しませんが、大雨の場合は6月9日(日)同時刻に延期
 ②場所
   旧大国主神社跡後ろの倉庫(土崎神明社内)
 ③内容
   組立後の移動も300m程度あり、化粧板の重量がある為多くの人手がいりますので、町内の皆様に是非ご協力をお願いします。

2 町内会所・曳山保管の場所について
 町内会所については、9班岩井様の旧岩井医院(あきたレディースクリニック安田様隣)を利用させて頂く事になりました。また、曳山の保管場所として、3班菅原(鶏)様の駐車場を提供頂くこととなりました。
 曳山実行委員会の会合も会所で行うなど、6月以降は、何らかの作業をする時期に入ってまいりますので、お祭りムードを盛り上げる意味でも気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

大国主神社跡後ろの倉庫(土崎神明社内)

曳山踊り手の募集について

町内会各位

 菻町曳山実行委員会
  委員長 浅利一茂 
  演芸長 伊藤麻有子

 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 表題のお知らせとして、既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、改めて書面にて本年の曳山奉納に花を添える踊り手の募集を致します。
 練習内容は下記のとおりとなっております。また、踊り手希望者については、5月16日(木)まで別添の「曳山踊り手参加申込書」に必要事項をご記入のうえ、3班 伊藤円(麻有子) までお届けくださるようお願いします。
 町内外関係なく参加できますので、皆様お誘い合わせのうえ、お申し込み・ご参加頂ければ幸いです。

        
(1) 演目
 ① 秋田音頭・・・・・・・大人全員
 ② 南部たわら積み歌(未定)・・・大人希望者
  ※参加人数、経験者数によって演目は変更されます。
 ③ 子供対象の演目・・・・子供希望者の人数、年齢が把握でき次第決定

(2) 練習開始時期と練習日
 ① 大人(高校生以上)
  1回目 5月18日(土)10:00~12:00
  2回目以降 毎週 土・日・その他
 ② 子供(小学生と中学生)
  7月頃から (練習日時は後日決定)

(3) 練習場所
 北部市民サービスセンター(キタスカ)洋室3・4
 ※2回目以降は会場の都合で児童館等に変更する可能性有り

連絡先 伊藤麻有子 又は 田口ともみ

※曳山踊り手参加申込書ダウンロード 2019_odori_moushikomi.pdf

 

2019年5月 6日 (月)

令和元年菻町曳山奉納について

関係各位


菻町内会 会長 木曽 護
菻町曳山愛好会 会長代行 加賀二三夫、伊藤 修悦


 春陽の候、町内会の皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 平成28年(「山・鉾・屋台行事」ユネスコ無形文化遺産登録)に参加以降、昨年からは、町内の曳山愛好会を中心に令和元年有志曳山奉納の実現について、町内会にお願いしてきたところであります。
 このたび、有志曳山奉納についてご了承いただき、菻町曳山愛好会に対し、町内会より曳山役員、人事を一任され協議を重ね下記の通り選任いたしましたのでご報告致します。
 奉納につきましては、町内会長始め諸先輩のご指導のもと、打ち合わせを重ねて準備を進める次第です。
 何卒、ご理解、ご協力お願いします。

1 曳山委員会
 委員長  浅利 一茂
 副委員長 根布谷 義雄、伊藤 修悦、大島 健史
 警護長  佐藤 晃一
 会計長  菅原 鶏二

2 予算
(1) 収入 1,820,000円
 町内ご寄付 500,000円
 曳子参加費 200,000円
 沿道ご寄付 270,000円
 菻町曳山愛好会 850,000円
(2) 支出 1,820,000円
 曳山費 1,030,000円
 会所費 110,000円
 給与費 460,000円
 演芸費  10,000円
 雑 費 210,000円


※当日の参加者とりまとめの曳山アンケートについては、後日改めてお知らせします。

2018年7月 1日 (日)

2018年テレビ中継等について

 御旅所から各町内へ帰途に就く「戻り曳山」の模様が ”CNA総合101ch” で生中継されます。迫力ある外題やユニークな見返し、勇壮な曳山の姿、生き生きとした曳き子の表情やさまざまな踊りの競演など、会場から臨場感たっぷり。

 放送日時

■CNA LIVE「土崎港曳山まつり」
 7月21日(土) 21:00~22:30
■土崎港曳山まつり2017ダイジェスト
 7月17日(火) 21:30~
■第22回土崎港演芸大会  子どもの部
 7月18日(水) 21:30~
■第22回土崎港演芸大会  大人・披露の部
 7月19日(木) 19:30~
■第22回土崎港演芸大会  大人・競技の部
 7月20日(金) 21:30~

 放送チャンネル

■CNA総合 101ch

2018年交通規制の概要について

 土崎港曳山まつり実行委員会から平成30年の交通規制図が公表されました。仮設トイレ設置箇所も掲載されています。詳しくは交通規制図でご確認ください。

<交通規制図>
2018h30hikiyama_koutuukiseizu

交通規制図のダウンロードはこちら 「2018h30hikiyama_koutuukiseizu.pdf」をダウンロード

<ポスター>
2018h30hikiyama_poster

2018年土崎神明社祭の日程について

平成30年の日程は以下のとおりとなっています

7月20日(金)宵祭

8時00分から
各町内の曳山運行、郷社参り

18時00分
宵宮祭【神事】

19時00分から21時00分
ふれあい曳山(中央通り、本町通り、郷社通り)

7月21日(土曜日)例祭

9時30分
例祭【神事】、神輿渡御、各町内の曳山運行

11時30分
伝統おどり(本町通り)

12時30分
御幸曳山の開始(穀保町を出発)

20時00分
戻り曳山の開始(相染町を出発)

お問い合わせ先

実行委員会事務局 秋田市土崎港西5丁目3番1号
電話(018)845‐2264

2016年12月 4日 (日)

土崎神明社祭の曳山行事について(その2)

 曳山行事は、平成28年(2016年)にユネスコ無形文化遺産保護条約「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に「山・鉾・屋台行事」の一つとして登録されています。

 In 2018, Yama, Hoko, Yatai, float festivals in Japan was added to UNESCO's List of World Cultural Heritage.

山・鉾・屋台行事(やま・ほこ・やたいぎょうじ)の概要はこちら  (「文化庁報道発表資料.pdf」をダウンロード  ) 

<登録経緯>
 2016年11月28日から12月2日までの日程で、エチオピアのアディスアベバで開催されたユネスコ無形文化遺産保護条約第11回政府間委員会において、「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表(代表一覧表)」への記載についての審議が行われました。
 その結果、12月1日(現地時間11月30日)、日本から提案の土崎神明社祭の曳山行事を含む国指定重要無形民俗文化財33件からなる「山・鉾・屋台行事(やま・ほこ・やたいぎょうじ)」について、「記載」の決議されました。

(1)無形文化遺産保護条約
 伝統的舞踊,音楽,演劇,工芸技術,祭礼等の無形文化遺産を消失の危機から保護し,次世代へ伝えていくことを目的とし,2003年の第32回ユネスコ総会において採択,我が国は2004年6月に条約を締約。締約国は,2016年11月現在171か国。

(2)人類の無形文化遺産の代表的な一覧表
 無形文化遺産の認知や重要性についての意識の向上,文化の多様性を尊重する対話の奨励を目的として,「無形文化遺産保護条約」により作成,更新及び公表がすることが定められた一覧表。

(3)ユネスコ無形文化遺産保護条約政府間委員会
 ユネスコ無形文化遺産保護条約の締約国から選出された24カ国で構成され,年1回開催。評価機関の勧告を踏まえ,代表一覧表への記載について最終決定する。

(4)「山・鉾・屋台行事」の概要
 国指定重要無形民俗文化財に登録されている33件の山・鉾・屋台行事をグループ化し,平成21年に「代表一覧表」に記載された「京都祇園祭の山鉾行事」及び「日立風流物」の拡張提案として平成27年3月に提案したもの。

(5)人類の無形文化遺産の代表的な一覧表記載のための基準
ア 口承による伝統及び表現,芸能,社会的慣習,儀式及び祭礼行事等の「無形文化遺産」であること。
イ 申請案件の記載が,無形文化遺産の認知,重要性に対する認識を確保し,対話を誘発し,よって世界的に文化の多様性を反映しかつ人類の創造性を証明することに貢献するものであること。
ウ 申請案件を保護し促進することができる保護措置が図られていること。
エ 申請案件が,関係する社会,集団及び場合により個人の可能な限り幅広い参加及び彼らの自由な,事前の説明を受けた上での同意を伴って提案されたものであることなど。

<山・鉾・屋台行事の概要>

1.名    称
    山・鉾・屋台行事

2.内    容
 地域社会の安泰や災厄防除を願い,地域の人々が一体となり執り行う「山・鉾・屋台」の巡行を中心とした祭礼行事

3.分    野
    祭礼行事

4.構    成
    国指定重要無形民俗文化財である「山・鉾・屋台行事」33件

5.保護措置
    伝承者養成,記録作成,原材料確保,用具修理・新調等

6.提案要旨
○「山・鉾・屋台行事」は,地域社会の安泰や災厄防除を願い,地域の人々が一体となり執り行う,各地域の文化の粋をこらした華やかな飾り付けを特徴とする「山・鉾・屋台」の巡行を中心とした祭礼行事である。
○祭に迎える神霊の依り代であり,迎えた神をにぎやかし慰撫する造形物である「山・鉾・屋台」は,木工・漆・染物といった伝統的な工芸技術により何世紀にもわたり維持され,地域の自然環境を損なわない材料の利用等の工夫や努力によって持続可能な方法で幾世にもわたり継承されてきた。
○「山・鉾・屋台」の巡行のほか,祭礼に当たり披露される芸能や口承に向けて,地域の人々は年間を通じて準備や練習に取り組んでおり,「山・鉾・屋台行事」は,各地域において世代を超えた多くの人々の間の対話と交流を促進し,コミュニティを結びつける重要な役割を果たしている。
○「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載は,コミュニティが参画した持続可能な方法での無形文化遺産の保護・継承の事例として,国際社会における無形文化遺産の保護の取組に大きく貢献するものである。

※外務省、文化庁ホームページから引用

2016年10月 2日 (日)

平成28年曳山決算報告について

菻町内会各位

                                菻町曳山委員会 委員長 伊藤修悦

 初秋の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 この度の菻町曳山奉納につきましては皆様からの多大なご厚情を賜りましたこと厚くお礼申し上げます。
 本委員会も発足当初から関係者皆様のご協力や祭典当日の好天等に恵まれ、奉納作業も当初の計画通り概ね順調に進めさせていただくことができ、本報告をもちまして曳山奉納に係るすべての作業を終了させていただくこととなりました。遅くなりましたが、本委員会の会計報告を次のとおりさせていただきます。
 なお、差引残額の 348,664円 の取り扱いにつきましては、36,650円を笠納め会補助に、312,014円を次回奉納費用充当分として曳山愛好会積立金に繰り入れることとしましたのでご了承くださるようお願いいたします。


科目__決算額(括弧内予算額)

収入計__2,299,541(1,980,000)
寄付等__1,378,541(1,100,000)
曳山愛好会積立__880,000(880,000)
雑収入__41,000(0)    

支出計__1,950,877(1,980,000)
曳山奉納金__30,000(30,000)
曳山費__1,044,412(1,005,000)
会所費__70,056(110,000)
給与費__631,401(570,000)
演芸費__21,550(55,000)
運営費__74,694(70,000)
諸雑費__115,414(140,000)

※参加者 20日131人、21日126人

P7210608_copy

2016年8月14日 (日)

スナップ写真について

「2016土崎港曳山祭りギャラリー」(スナップ写真)が(株)越中谷写真商会様で公開中です。当町内も含めた各町内毎のスナップ写真があり、好きなものを選んでプリントできます。各町内100枚以上の写真があり、どれもいい写真ばかり 当町内分は129枚ありました。

価格 L判1枚100円・2L判1枚300円

【閲覧手順】

1 以下のアドレスを入力してギャラリーページを表示
 ギャラリーURL http://www.e410.co.jp/e410i/

E410_01

右上のイベントIDに【2016tczk】、パスワード【hikiyama】(※共に英数半角)を入力し、ログインします。

2 カテゴリ一覧から閲覧したい町名を選びます。 

E410_02

E410_03

後はゆっくり閲覧。写真一覧の上で、カーソルを合わせると、少し拡大された画像が表示されます。
更にクリックすると詳細画像(写真番号等)が確認できます。

E410_04

3 昨年同様欲しい場合は、詳細画像に表示される写真の番号(下4桁・赤枠部分)を控え、店頭にて注文しましょ ( ̄ー ̄)ニヤリ

詳しい問い合わせは 
(株)越中谷写真商会
秋田市中央2丁目2-4 電話018-845-1573

«平成28年曳山巡行ミニアルバム

フォト

土崎港曳山まつりまで

  • カウントダウンタイマー

リンク集

  • 鮨 喜心(きごころ)
    秋田市土崎港にある「鮨 喜心(きごころ)」は秋田の新鮮な旬の食材や地酒をご用意してお客様のご来店を心よりお待ちしております。
  • 秋田のユネスコ無形文化遺産登録行事(山・鉾・屋台行事)
    「山・鉾・屋台行事」は地域の安泰や厄よけを願う全国18府県の祭礼行事計33件のうち秋田県内の3件を紹介
  • UNESCO Intangible Cultural Heritage Events in Akita
    Akita Prefecture is home to three of the 33 total Yama, Hoko, and Yatai float festival events from 18 prefectures nationwide.
  • 観光アプリ「土崎ナビ」
    雪国秋田の土崎湊(つちざきみなと)は、海運で栄え歴史も古く秋田市北側に位置するエリア。本アプリは、土崎湊の魅力や歴史・文化などを再発見できる街歩き観光アプリです。お手持ちのスマートフォンにインストールしてお楽しみ下さい。
  • 土崎神明社
    秋田の神社、土崎神明社・土崎神明社奉賛会・土崎港曳山まつりの公式ホームページ
  • 秋田市土崎みなと歴史伝承館
    秋田市土崎地区の歴史と文化を伝える施設として、2018年3月24日に開館しました。ユネスコ無形文化遺産に登録された土崎神明社祭の曳山行事や、土崎空襲などに関する展示を行っています。
  • 土崎神明社祭の曳山行事
    秋田みなと振興会さん作成ホームページ
  • 大民石油販売株式会社・大民プロパン株式会社
    あなたのスマイルSS大民石油・クリーンエネルギーと安全をお届けする大民プロパン
  • 韓国料理 焼肉の松園
    味良し、素材良し、CP良し 三拍子揃った焼き肉屋さん(食事メニューも充実)
  • ほたる家
    元気になる!アットホームなホルモン焼き。広々畳敷き、気軽なカウンター席、充実の酒類、家庭的な雰囲気が落ち着く
  • ねぶログ
    土崎にあるカイロ・整体治療院リフレッシュねぶカイロプラクティックのブログ
  • 土崎港☆下酒田町BLOG☆2008
    秋田市土崎「港曳山まつり」に曳山を奉納・参加している(旧町名)下酒田町の曳山実行委員会が発信するWeblogです
  • ねぶ カイロプラクティック
    腰痛、ヘルニア、ぎっくり腰、肩こり、首の痛み、膝や足の痛み・しびれ、手や肩の痛み・しびれ、頭痛、めまい、生理痛、スポーツ障害、神経痛、疲れ、倦怠感、スポーツパフォーマンスの向上および怪我の予防などさまざまな症状を幅広くカバーする施術所のホームページ